墓じまい

墓じまいの方法

綺麗な墓地

お盆やお彼岸には、お墓参りに行く方も多いでしょう。自宅から遠くてなかなか行けない、という方もいらっしゃるかもしれません。さまざまな事情で、現在では墓じまいをする方が増えてきています。
墓じまいの方法とはどんなものか、簡単な流れをみてみましょう。まずは、新しい受け入れ先を探します。そして、受入証明書を発行してもらいます。それから、今お墓があるお寺や霊園など墓地管理者に、撤去の旨を伝え了承を得ましょう。そして埋葬証明書を発行してもらいます。現在埋葬されている墓地がある市町村で、改葬許可申請を行います。改葬許可申請書に必要事項を記入して、受入証明書、埋葬証明書と一緒に提出します。すると改葬許可証が発行されます。書類上の手続きはここまでです。
現在の墓地で住職にお経を挙げてもらい、閉眼供養(魂抜きともいう)を行います。石材店に依頼して、遺骨の取り出し、墓石の解体・撤去を行い、更地に戻します。新しい受け入れ先に改葬許可証を提出します。住職にお経を挙げてもらい開眼供養(魂入れ)を行い、納骨します。以上のように、墓じまいにはさまざまな手続きが必要となります。地域や墓地管理者によって異なる点もありますので、しっかりと確認しながら行いましょう。

墓じまいの方法

お盆やお彼岸には、お墓参りに行く方も多いでしょう。自宅から遠くてなかなか行けない、という方もいらっしゃるかもしれません。さまざまな事情で、現在では墓じまいをする方が増えてきています。墓じまいの方法とはどんなものか、簡単な流れをみてみましょう。まずは、新しい受け入れ先を探します。そして、受入証明書を発行してもらいます。それから、今お墓があるお寺や霊園など墓地管理者に、撤去の旨を伝え了承…

墓じまいで優先して考えておくべきこと

日本ではこれからも高齢化、少子化、都会への人口集中などがかなり急速に進んでいくと考えられることから、墓じまいもどんどん増えていくと考えられています。墓じまいを検討するときに最も優先して考えなければならないのが、現在の墓の中にある遺骨をどこに移すかということです。墓じまいをするために墓の中にある遺骨の個数や経過年数、どのくらい傷んでいるのかを確認する必要があります。では、墓じまいをした…

TOP