墓じまい

墓じまいで優先して考えておくべきこと

立派な墓

日本ではこれからも高齢化、少子化、都会への人口集中などがかなり急速に進んでいくと考えられることから、墓じまいもどんどん増えていくと考えられています。
墓じまいを検討するときに最も優先して考えなければならないのが、現在の墓の中にある遺骨をどこに移すかということです。墓じまいをするために墓の中にある遺骨の個数や経過年数、どのくらい傷んでいるのかを確認する必要があります。では、墓じまいをした後にはそれらの遺骨をどこに移したらいいのでしょうか。
実際に墓じまいをした人の例を見てみると、合葬や散骨や永代供養という方法にすることがほとんどとなっています。それは墓じまいをする大きな原因が墓を守ってくれる子孫がいなかったり、子孫に負担をかけたりしたくないということがあるので、墓を管理しなければならない手間や墓を守っていく費用がかからない散骨や永代供養が多いのはうなずける話です。どのくらいお墓の管理の手間と費用がかかるのかが墓じまいをした後の遺骨の移動先を決める大きな選択肢になるということは確実です。墓じまいをするにも、遺骨の移動先が決まらないことには墓じまいをスタートされることはできないと考えるべきでしょう。

墓じまいの方法

お盆やお彼岸には、お墓参りに行く方も多いでしょう。自宅から遠くてなかなか行けない、という方もいらっしゃるかもしれません。さまざまな事情で、現在では墓じまいをする方が増えてきています。墓じまいの方法とはどんなものか、簡単な流れをみてみましょう。まずは、新しい受け入れ先を探します。そして、受入証明書を発行してもらいます。それから、今お墓があるお寺や霊園など墓地管理者に、撤去の旨を伝え了承…

墓じまいで優先して考えておくべきこと

日本ではこれからも高齢化、少子化、都会への人口集中などがかなり急速に進んでいくと考えられることから、墓じまいもどんどん増えていくと考えられています。墓じまいを検討するときに最も優先して考えなければならないのが、現在の墓の中にある遺骨をどこに移すかということです。墓じまいをするために墓の中にある遺骨の個数や経過年数、どのくらい傷んでいるのかを確認する必要があります。では、墓じまいをした…

TOP